税理士向井のBlog
名古屋の税理士向井正義のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正直者がバカを見る?(その2)
名古屋市熱田区の税理士向井です。

昨日名古屋も梅雨入りしましたが、今日はとっても良い天気で梅雨明けしたようなくらいでしたね。

昨日の続きです。

社会保険料の問題も含めてひどい話が多すぎます。

大勢の人が正しく申告・納税をしていても、使い方を間違えればお金なんていくらあっても足りるはずがありません。
テレビ等で報道されている範囲のことしかわかりませんし、全てを見ているわけではありませんから、何が事実かどうか知る由もありません。
しかし、どうもまともに税金(社会保険料も含めて)が使われているとは思えなくなってきています。
一部の人が税金を食い物にしているような気がしてしまいます。
何かをしようとすると「財源が・・」といっていますが、なくてあたり前でしょう。
国会でも、いつの厚生大臣は誰だったかとか責任をなすりつけあっています。いったい何をやっているんでしょうか??

ふとあることを思い出しました。
学生の頃、日本史の教科書にでていた絵です。
大正か昭和のはじめだったと思いますが、「成金」のおじさんが足元を照らすために、お札に火をつけて燃やしているっていうものです。
とてもほめられたものではありませんが、あれはきっと「自分のお金」でしょう。「人(国民)のお金」で同じようなことをやってもらっては困ります。

お客さんに正しい申告・納税をしていただけるような使い方をしていただきたいものです。


blogランキングに参加しています!!
2つともクリックをお願いします→→



「いちばんやさしい個人事業のはじめ方」
またまた増刷決定!!最近改訂作業が終了しました。
これから事業を始めようと考えている方、一度ご覧になって下さい。
ナツメ社より好評発売中です!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まさにそうですね…
 偽装牛肉ミンチ事件もそうですよね。でも、結果は、不正直な者がバカを見ることになりそうで、よかった、よかった(しかし、解雇になった社員の方々は、ほんとうにお気の毒ですが…)

 企業のモラルが問われる事件・事故が目立って増えてますよね。

 ただ単に、法令遵守にうるさくなったとか、アメリカなみの訴訟社会になったということではないように思います。

 誇り高く、まじめに正直にがんこ一徹に仕事をしていた、そんな人たちが、確実に日本に少なくなってきているのだと思います。

どうしてこんなになっちゃったんでしょうね。。。
2007/06/26(火) 22:31:24 | URL | kimutax@税金まにあ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mukai91672.blog74.fc2.com/tb.php/52-5c8d29b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。