税理士向井のBlog
名古屋の税理士向井正義のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医療費控除
先週の金曜日のことですが、病院で眼科を受診しました。
近視が強く、しばらく病院にも行っていなかったこともあり、ちょうど時間ができたので、ふと思い立ったように出かけました。
幸い特に問題もなく、検査は終わりました。
帰り道、ふと医療費控除のことが頭に浮かびました。
今年は、歯医者さんに行ったり、耳鼻科に行ったりと、例年になく病院・医院に行くことが多かったのです。もしかしたら医療費控除の対象になるかなと(もちろん集計はしていませんのでいくら医療費がかかっているかは全くわかりませんが・・)。

医療費控除は、お医者さんの診療代や治療のための医薬品の購入代金などの医療費がある場合に、所得税の計算上、控除が認められるものです。
一般的に、1年間の医療費の金額が「10万円」を超えていると医療費控除が受けられるという認識が強いようです。決して間違ってはいませんが、必ず10万円ないと受けられないかというとそうではありません。
医療費控除は、医療費が一定の金額を超える場合にその超える部分の金額を控除することができることになっています。
この一定の金額は、「課税標準の5%」と「10万円」のいずれか少ない金額となります。課税標準とは、事業所得のみの方の場合は「収入-経費(-青色申告特別控除など)」、給与所得のみの方の場合は源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」を指します。課税標準が200万円を下回る場合には、10万円ではなく課税標準の5%を医療費から引くことになりますので、医療費が10万円を超えていなくても医療費控除を受けられることになるのです。
例えば、医療費が9万円、課税標準が100万円の場合は、
 9万円-5万円(100万円×5%)=4万円
が医療費控除の金額となります。 

また、還付される税金は、医療費控除の金額に税率をかけた金額となります。
医療費控除額が1万円ある方でも、所得税について適用される税率が10%だと、
1万円×10%=1,000円
が、所得税の還付額となります。


最後に、確定申告時期の区役所での無料税務相談の際の会話

私 「次の方、お待たせしました」
納税者の方(以下、省略して「納」とします)
  「医療費があるので確定申告をすると税金が戻ってくると聞いて、やって来ました」
私 「医療費はいくらありますか?」
   ・
   ・(計算中)
   ・
私 「今日はここ(区役所)まで、何できたのですか?」
納 「バスで来ました」
   ・
   ・(計算中)
   ・
私 「計算が終わりましたよ・・。ちょっと言いにくいのですが・・。税金は還付されることはされますけど、バス代(片道200円)のほうが高くついてしまいましたね・・。」

このようなことが、ときどきあり、少し気の毒に感じてしまいます。


個人事業本

「いちばんやさしい個人事業のはじめ方」
私も執筆しています。
ナツメ社より好評発売中です!!


FC2ブログランキングに参加中!!
一押しお願いします!


スポンサーサイト

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
なるほど!10万円というのはおぼえてはいましたが・・・私も結構病院など行っているので、また計算してみようと思います。
2006/10/31(火) 01:14:38 | URL | 保険屋じょーじ #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
医療費がある場合は、有効に使いたいものです。でも、税金の世界は、経費などもそうですが、かかった金額以上に税金が安くなることはありませんし、できるだけ病院にいかなくてすむことのほうが大切ですよね。
2006/10/31(火) 09:05:24 | URL | ナゴヤの税理士向井 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mukai91672.blog74.fc2.com/tb.php/19-fe9780dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。